So-net無料ブログ作成

JENSEN P-10Qリコーンキット [AUDIO]

アメリカからJENSEN P-10Q用リコーンキットと接着剤が到着しました。
目的は自作の9インチFieldコイルフルレンジSPの改造です。
P-10Qは10インチですが、10インチはエッジ部分を含んだサイズなので、
自作ユニットの外形と、リコーンキットのエッジ内側まではほぼ同サイズです。
今回は自作ユニットをこのコーンで貼り替えて、フィクスドエッジに改造する計画です。
目論見通り、このリコーンキットのコーン紙は軽くてパリッとしたタイプです。
IMG_2650.JPG
エッジレススピーカーは即ちフレームレスでもありますので、今回の改造は
エッジを固定するためのフレームが新たに必要となります。
これについてはホームセンターで25cm用フライパンの落とし蓋を活用しようと考えています。
写真は落とし蓋とコーン紙です。
IMG_2651.JPG
エッジ部分のサイズはぴったりで、深さに関してもちょうどいい感じです。
IMG_2652.JPG
ぼちぼちと取り掛かりたいと思います。

Analog Discovery2について
オシロのキャリブレーション完了し、到着したBNCボードとプローブで自己発振させた電圧を
ちゃんとモニタ出来るまでは確認できました。

nice!(0)  コメント(0) 

Analog Discovery2 [AUDIO]

今、自作のField Coilスピーカーユニットとレコードプレーヤーのちょっとした改良を考えています。で、中古のオシロを探していましたがいいものを見つけてしまいました。
DIGILENT社のAnalog Discovery2です。オシロの他にもオシレータやいろいろな機能があります。
気の利いた電子部品の販売店はみな取り扱っているようです。実勢価格は3万円台中半といったところです。自分は日本語解説付きをCQ出版社から購入しました。

Analog Discovery2.JPGブレッドボード.JPG

BNCコネクタ用のオプションボードとプローブも別途ですが発注しました。
BNC.jpgprobe.jpg

ソフトもダウンロード完了したので使い方の勉強から始めます。
nice!(0)  コメント(0) 

レコード・プレーヤーの製作(3Dパーツ到着) [AUDIO]

3Dプリンタで作成したアーム関連パーツが到着しました。
IMG_0878.JPG
アクリル・パーツ3種とチタン・パーツ3種の計6個を製作しました。

IMG_0880.JPG
パイプホルダーにナイフエッジを組み込んだ状態です。

IMG_0882.JPG
アーム・ベースにナイフエッジ受けを挿入した状態です。

IMG_0883.JPGIMG_0885.JPG
IMG_0905.JPGIMG_0907.JPG
全部を大まかに組みつけた状態です。

肌理が粗いのでやすり等にて表面を仕上げる必要があります。
サイズに関してはほぼもくろみ通りにできているようです。

レコード・プレーヤーの製作(ナイフエッジ再製作) [AUDIO]

レコード・プレーヤーが完成し、毎日音楽を楽しむことができているかというと実はNoです。スピーカー・ユニット製作の時も同じでしたが、一応意図通りに出来上がり、機能はするものの ああすればよかったとか、ここが失敗だったとか気になる点がいくつもあって、修正したくて仕方がありませんでした。
駆動系(制御回路、モーター機構の振動アイソレーション)、キャビネット、アームあちこちに気になる点がありますが、今回はアームの支点サポート部を再製作することにしました。

オリジナルの問題点として
①真鍮にて製作した各部品が、ロストワックス製法による寸法変化(減寸)があり、はめ合いの精度が悪いこと(パイプがちゃんと固定できない)
②ラテラルバランサー・ウェイトの取り付け位置が低いため、アームベースに擦りそうになっていること
IMG_0795.JPG
③ナイフエッジ受け部を小さく設計しすぎたためナイフが簡単に外れてしまうこと
等があります。

今回は各部の素材をチタンとアクリルパーツに分け、組み合わせる複合構造としました。
ナイフエッジとその受け部分をチタンにて設計し、パイプホルダーやアーム・ベース、ナイフエッジカバーはアクリルとしました。どちらの素材もロストワックスではなく直接の射出成型であるため寸法精度は向上すると考えています。
オールチタンも考えましたが、3Dプリントサービスの価格改定により、ちょっと手が届かない価格まで上がってしまい、金属でなくてもいい部分は価格が安いアクリルを選択した次第です。
Arm.jpg
青色のパーツはアクリル、銀色のパーツはチタンです。
パイプ部分を除いた今回の3Dプリンタによるパーツ製作費用は約2万5千円です。
これでも非常に高いと思いますが、オールチタンにすると費用は約2倍かかってしまいます。
本日発送完了の連絡を受けましたので、到着次第組みつけてみたいと考えています。



レコードプレイヤーの音出し(2) [AUDIO]

前回、レコードプレイヤーの再生音をYouTubeにアップロードしましたが、無料の動画編集ソフトの透かしが入っていたこととスマートフォンで再生できないフォーマットであったため、別のファイルをもう一つアップロードします。
iPhoneで録音しているので音声はモノラルです。

https://youtu.be/AJSRhzFUqGk

※確認しましたが自分のiPhoneでは再生できませんでした。
(フォーマットはmpg)

自作レコードプレイヤー音出し [AUDIO]

音出ししてみます。

自宅での再生音をYouTubeにファイルをアップロードしました。

https://youtu.be/4r2s7oonr58

無料の動画編集ソフトを使用しましたので透かしが入っています。

レコード・プレーヤーの製作(完成直前) [AUDIO]

このプロジェクトも1年経過していますがやっと完成寸前のところまでこぎつけてきました。
まずは写真を掲載します。

IMG_0803.JPGIMG_0804.JPG
全景はこのようになっています。自作ロングアーム搭載のベルトドライブ式レコードプレーヤーです。

IMG_0801.JPGIMG_0788.JPG
メインプラッターのシャフト部にリングマグネットの”つば”がついており軸受け側のリングマグネットと反発させることにより軸受けへの荷重を軽減させる構造です。この部分はTEACのマグネフロートプレーヤーの部品を使いました。

IMG_0802.JPGIMG_0805.JPG
マグネフロートのプラッターのみを設置すると左の写真の様になります。今回は以前落札した別のプラッターを上にのせて二段構造プラッターとなっています。

IMG_0793.JPGIMG_0799.JPG
トーンアームはロングでダイナミックバランスです。
アームは手曲げでJ字型ですが上下回転軸から前に向かったところで上方へS字でオフセットしています。

IMG_0794.JPG
3Dプリンタで出力したナイフエッジ受けとナイフエッジで上下回転をさせます。
写真の中央に見える縦方向のスプリングで針先に荷重を掛けています。

IMG_0795.JPG
下部に見えるワッシャーはラテラルバランス用の錘です。

IMG_0792.JPG
糸掛け式のインサイドフォースキャンセラーを装備しています。

IMG_0790.JPGIMG_0791.JPG
電源供給部と出力端子部です。

モーターは4極シンクロナスタイプです。商用電源の50Hzで33 1/3, 45 r.p.m.とも定速にて回転できるよう調整完了しました。回転数の微調整はオーディオ用のオシレータ信号で50Hz近傍のサイン波を作り出してこの周波数を可変させることにより行います。このサイン波をPA用のパワーアンプで増幅し、プレーヤーへ回転用の電力を供給します。

次回はこのシステムで再生した音源を掲載しようと思います。

レコード・プレーヤーの製作(アーム内部配線の交換とアースの見直し) [AUDIO]

 前回までの仮組状態で、左右の音が間違いなく出ることは確認できましたが、ハムノイズが発生したことから、内部配線の交換と、ノイズ対策を行いました。アームの内部配線はオヤイデの2重絹巻19/0.1という銀線に交換しました。最初に行うのはシェルを受けるアダプター裏の配線の交換です。この部分は接点がシェルに押されたとき後退するようにバネが仕込まれていますが、今回の配線交換で熱をかけすぎたためバネ機能が失われてしまいました。幸いアダプターを3個持っていたため、2番目を取り出し、今度は慎重に熱引き用のクリップも使用してはんだ作業を行いました。2回目は問題発生しませんでした。L/Rの各HOT/COLDをそれぞれツイストペアにし、Lペア、Rペアと線状に成形した真綿を三つ編みにした上で余った真綿で配線全体をくるんでパイプ内を通しました。何でもアーム内配線をくるんだ真綿(綿状の絹)には、吸音効果と電磁波吸収効果があるそうです。また、モーターのフレーム、アームベース、アームパイプ本体の3か所をアースに落とせるようにして、シールドケーブル部分のアース線がグランド・ループを作らないように気を付けて出力端子と共通アースをとったところハムノイズはほぼ聞き取れないレベルにまで低減できました。

内部配線.JPG綿まき.JPG
オヤイデ2重絹巻銀線と真綿で巻いた内部配線

御真綿.JPG綿.JPG
購入した御真綿袋とちぎった後のシート状の真綿

 前回の記事に記したアーム側の高さが高すぎる問題は、プラッターと駆動モーターの取り付け位置を上げる方向で対処することにしました。

 また、回転数の調整を低周波発振器で行うアイデアですが、微調はいいかもしれませんが大きく周波数をずらした場合には(周波数を下げる方向で)回転がしゃくってしまい、使い物にならないことが判明しましたので、モーター側のプーリー径を33 1/3と45r.p.m.の2速仕様に変更することにしました。今度のプーリーは真鍮ロストワックスの3Dプリントにします。またいろいろな人の記事を読んでいますと進相コンデンサーの種類や容量の選択にも深いものがあるとのことですので、やはりいたずらに駆動周波数の変更で能動的にモーター回転数を変更することはやめることにしました。

レコード・プレーヤーの製作(全体仮組み) [AUDIO]

全体を確認するため仮組みしてみました。

DSCN5064.JPGDSCN5062.JPG
DSCN5056.JPGDSCN5060.JPG
DSCN5053.JPGDSCN5054.JPG
DSCN5057.JPGDSCN5058.JPG

アームのインサイドフォースキャンセラーの釣錘とダイナミックバランス用の押しバネ部分はまだ製作していません。ラテラルバランス用のウェイトはワッシャーを重ねて作りました。
3Dプリンタで製作したチタン・アームパイプが到着しましたが、今回は手曲げのステンレスパイプを装着しています。カッコよく仕上がったといいたいところでしたが、アーム側の高さが5mmほど高くなっており、修正方法を考える必要があります。アームベースを沈めこむほうがいいか、ターンテーブル側を持ち上げるか思案のしどころです。

レコード・プレーヤーの製作(アーム仮組み) [AUDIO]

3Dプリンター製パーツ類と自作のアームパイプで仮組みしてみました。

アームパイプに関しては最終的にはチタン素材で3Dプリントで製作する予定になっていますが、現在注文が込み合っているとのことで製作が進みません。そこで以前に自分で曲げたパイプを装着して雰囲気を確かめてみたいと思います。SMEシェルとSHURE M44Gを組み合わせてみました。

DSCN4984.JPGDSCN4987.JPG

DSCN4990.JPGDSCN4986.JPG
DSCN4980.JPG

手曲げのパイプは本来の寸法設計値に対してナイフエッジ側の直線部が40mmほど長いのをカットせずに そのままつないでみましたので、アームの仮置き位置が筐体から飛び出してしまいました。また重量バランスも当然狂っているために暫定のウェイトを追加しないと平衡が取れませんでした。またナイフエッジとメインパイプは完全にはめ込みをしていませんので少しお辞儀をしています。