SSブログ

UV-845Sパワーアンプのオーバーホールと改造④ [AUDIO]

大物部品であるコンデンサ類とリレー・タイマー類については前述のように3Dにてレイアウトの設計を行っています。コンデンサのブラケットはシャシの既存穴(放熱用やトランス取付用等)が流用できるように設計しましたので、これらのブラケット取付のための穴あけは不要でした。
全ての部品類のレイアウトまで3Dにて設計するのは手間がかかりすぎ時間がもったいないので、端子台、パワーサーミスタ、一部の抵抗、スイッチに関しては実際の配線の中でレイアウト決めを行いました。
3D CGではなく実際のシャシ内部レイアウトを示します。
IMG_4622after8.JPGIMG_4607after3.JPG
IMG_4573after6.JPGIMG_4576after1.JPG
IMG_4577after2.JPGIMG_4584after5.JPG
IMG_4603after9.JPGIMG_4604after4.JPG
IMG_4559after7.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。